美容室営業許可

必要事項

  • ①美容師の免許
  • ②管理美容師
  • ③開設届
  • ④税務署へ開業届

法人(会社)として開業するにはさらに会社設立手続、税務署等への届出、社会保険への加入等の手続きが必要となります。

美容室を開業するには

まず美容師の免許を受けた者でなければ、美容を業としてはなりません。美容師になるためには、厚生労働大臣の免許を受ける必要があります。

美容師免許は、高等学校を卒業した後、(省令の要件に該当する中卒者も入学できる)厚生労働大臣の指定した美容師養成施設で、昼間課程2年以上、夜間課程2年以上、通信課程3年以上にわたり、必要な学科、実習を修了した後、美容師試験に合格したものに与えられます。

美容師試験に合格した場合、指定登録機関の美容師名簿に登録をし、美容師免許証明書の交付を受けることになります。

開設届

美容所を開設しようとする者は、届出書(開業届)を提出しなければなりません。

届出書への記載事項

  • 美容所の名称及び所在地
  • 開設者の氏名及び住所(法人にあっては、その名称、所在地及び代表者の氏名)
  • 管理美容師の設置義務がある理容所の場合は、管理美容師の氏名及び住所
  • 美容所の構造及び設備の概要
  • 美容師の氏名及び登録番号並びにその他の従業者の氏名
  • 美容師につき、結核、皮膚疾患その他特定の伝染性疾病がある場合には、その旨
  • 開設予定年月日

必要書類

  • 美容師について、結核、皮膚疾患その他特定の伝染性疾病の有無に関する医師の診断書
  • 管理美容師の設置義務がある理容所の場合は、管理美容師の資格を証する書面
  • 外国人が届出をする場合は、外国人登録証明書

提出先

その理容所の所在地の都道府県知事に提出します。ただし、保健所を設置している市については市長に、提出します。

美容室営業許可申請サポート
申請手数料16,000円+報酬30,000円    合計46,000円

       

※上記の行政書士報酬は消費税・日当が含まれており追加料金は発生しません。
※ 御見積りは無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

予算にあった店舗改装工事も承っております。

↓